その数字は本当に勇気を与えてくれます。だから私は埼玉であることには感謝していますが、被災地の人々には本当に感謝しています。

現実には、現在、日本の各地で被害を受けて埼玉を迫られている人が多くいます。
私にできることは、少し人間的なことです。

埼玉『オイモカフェ』


それでも、それはその小さな電力が必要な状況です。

私は定期的な仕事がなく、移動できるので行ってきました。
誰もが自分の仕事と人生を楽しみ、多くの重要なことがあります。ですから、助けないことは悪いことではありません。

しかし、各人が少しの力を必要とする多くの領域があることは確かな現実です。

だからこそ、近くの都道府県や埼玉に住む人を求めている人の話を聞いてほしい。助けていただければ幸いです。

今回は手伝いませんでしたが、言うことは素晴らしいことではありませんが、現時点ではその必要性を本当に感じています。

コメント
コメントする