そのような感情が私の頭を横切るとき

埼玉

水滴が体のいくつかの部分に当たった

胸の谷間と太もものスラップ

埼玉をはずした鏡の前で体を拭きます
中を見ると今の自分が見える
完全に古い姿

孤独な夜
落とす
現在の私


両手で頭を叩きました
髪をそっと撫でた

埼玉を閉じて…

うふ...

ため息が不明瞭

髪で手をこすります
輪郭をトレースする
私の唇も…指を抱えている

もう一方の手を胸に持って
私の小さな手に合わない束を持ち上げるように
人差し指だけが暗い先端を転がしました

コメント
コメントする