その日、私は主人公になります、
誰もが目立っているようです。名古屋の出会い
それはそれほど本当のことではありません。

私のクールさは私自身です
私は不快感があると感じました、
仕事関連のイベント
に慣れていたから名古屋の出会い

むしろ
誰かが浮かんでいますか?
みんな楽しんでいますか?名古屋の出会い
そんなこと
気になりませんでした(笑)。

 

 

名古屋出会い

 

それは覚えている名古屋の出会い
私の兄は通常恥ずかしがり屋で静かです、
いとこに招待名古屋の出会い
「てんとう虫のサンダム」
それが私が歌ったものです。

 


姪の私の挨拶はちょっと
私がなぞった、
遅滞なく終了しました。


そして

最後の新郎の父の挨拶の時に、

 

 

初めてでした、


通常、厳格な父親

その図を見せてください。

 

 

そこ

泣いていて泣いている父親がいました。


会場のみんな
母の平均余命について
それは尽きたはずです。

 


シーンを落ち着かせる

みんな
私は父の言葉を聞いていました。


あれは

コメント
コメントする